土地探しを始める前に必ず確認しておくべきこと


家を建てるには様々な規制がある事を知っていますか?

まず、家を建てるにあたって最初に知っておきたいことは、世の中には様々な規制があるということです。例えあなたが大金持ちで、大きな家を建てられる資金を充分に持っていたとしても、場所によっては建物の広さや高さに上限が設けられている場合があり、設計プラン通りの家が建てられない事もあります。宅地を購入した後で、思い通りの家が建てられないといった事がないように、規制について知っておくことが大切です。

都市計画区域を知ろう

都市計画区域とは大まかに言うと、都市開発を行うにあたり、都道府県知事や国土交通大臣が市街化を進めたい区域や抑制したい区域に分けることです。大きく分けて市街化区域、市街化調整区域に分類されています。市街化区域は都市化を進めたい区域であり、基本的に住宅を建てることが可能です。一方で、市街化調整区域は農地や自然を守る取り組みがされており、家を建てたり増改築したりするのに一定の許可が必要になるため注意しましょう。

都市計画区域より細かい用途地域

都市計画区域をさらに細かく区分けしたのが、用途地域です。主に住宅系と商業系、工業系の3種に大別でき、家を建てる場合は基本的に住宅系の用途地域内に建てる事になります。また、住宅系の用途地域は第一種低層住居専用地域や準住居地域など、なおいっそう細かく区分けされています。それぞれの地域によって建物の高さや建ぺい率(敷地面積に対する建坪の割合)、容積率(敷地面積に対する建築物の延べ床面積の割合)などの制限があります。したがって、気に入った土地が見つかっても、すぐに購入するのではなく、自分の設計プラン通りの家が建てられる場所なのか、必ず不動産屋に確認する事が大切です。

2000万の家とはローコスト住宅のことで、家を建てる際の建築費用を様々な工夫により抑えて建てられた住宅です。

Back To Top