賃貸住宅を選ぶ際の家賃の重要性について紹介


家賃が審査に大きく影響してくる

賃貸住宅を選ぶ時には、家賃に注目する必要があります。その理由としては、家賃の額が入居審査に大きく影響してくる事が多いからです。賃貸住宅を借りる時には、入居審査をクリアする必要がありますが自分の収入と比較して家賃が高過ぎるといくら安定した収入があった場合でも審査に落ちてしまう事があります。基本的に、家賃が月収の3分の1以内というのが1つの目安になるので月収が15万円の場合だと5万円未満の物件を選ぶようにしましょう。

ただ、多少オーバーしても保証人の収入が高ければ入居審査に通る事も十分に考えられます。しかし、入居審査に落ちてしまうとまた他の物件を選び手続きをしなければいけないので、できるかぎり審査に通りやすい物件を選ぶようにしましょう。

家賃は敷金や礼金に大きく影響する

賃貸住宅の家賃は、入居審査に影響するだけでなくて敷金や礼金とも深く関わっています。賃貸物件を借りる場合には、基本的に敷金と礼金を支払う必要がありますよね。敷金と礼金は家賃によって大きくかわる事が多く、例えば敷金3カ月分と記載している場合だと家賃の3カ月分が敷金の支払い額です。つまり、家賃が高いほど敷金や礼金の額が大きくなるので、少しでも初期費用の負担を軽減するためには家賃が高くない物件選びが重要になるでしょう。

ただ、初期費用が安くなっても暮らしにくい物件だと意味がないので、自分が気にいった部屋の中から一番家賃が安い物件を選ぶのが得策です。敷金や礼金は、物件情報に記載している事が多く初期費用の目安を簡単に計算する事ができます。

恵庭の賃貸は人気が高く、賃貸物件を探している方も多いです。その魅力は複数あり、快適に生活が可能な環境が整っています。

Back To Top