これでトラブル知らず??賃貸オフィスを利用する場合


事前にやっておきたいこと

賃貸オフィスを利用する場合、事前にいくつかやっておくと良いことがあるのですが、中でも計画書の作成は大切です。行き当たりばったりで行っては駄目というわけではありません。しかしその場合、取り返しのつかない事態になるケースはゼロではないことを頭に入れておきたいです。特に現在どこかの賃貸オフィスを使っているなら、できるだけ早く退去することをオーナーさんや管理会社に伝えましょう。契約によって違いますが、たいていは半年前に通知する必要があります。加えて保証金に関しては、すぐに返金されない場合が多いです。そのため次に契約する賃貸オフィスの頭金にする計画なら、やはり早めに退去する旨を伝えておく方が無難です。他にも引っ越し業者はどこにするか、電気やガスや水道はいつ止めるのかなどを決めておくとスムーズです。

契約する時に見ておくこと

用意された契約書にサインする時にしっかりと見ておきたいのはお金に関してです。月々の家賃の確認をするのはもちろんですが、意外と見逃してしまうのが敷金や礼金のことです。具体的には支払う金額と返還方法、それからどのような時に使用されるのかについてです。契約する前にこれらのことを明確にしておけば、退去する際に余計なトラブルになるのを避けられます。

また共用部分の管理はオーナーさんや不動産会社が管理するのか、それとも入居者が行うのかを見ておきます。さらに職種によっては、賃貸オフィスの内装を変更しなければいけないことがあります。その際には誰に許可を得るのか、工事をするなら業者は指定されているのかを調べておきましょう。

大阪市中央区で賃貸オフィスを構えるのならば、仲介手数料が無料である物件を探すことで初期費用を抑えることができます。

Back To Top