オール電化住宅で生活を送るメリット!3選


電気代を節約できること

オール電化住宅で暮らしたいと希望する方は急増しています。そもそもオール電化とは、キッチンや暖房、給湯などを全て電気で賄うことをいいます。オール電化の最大のメリットは、電気代を安く抑えることができる点です。特に冬の寒い時期は、給湯や部屋の暖房などにお金がかかってしまうものですよね。しかし、オール電化の電気料金プランは、特に夜間の時間帯の電気単価が割安に設定されています。したがって、料金が安い深夜電力を使ってお湯を沸かして溜めておけば、お金をかなり節約できるというわけです。また、蓄熱暖房機を利用すれば暖房の蓄熱もでき、暖房費を安く抑えられます。

震災などでも安心です

日本で暮らしていると、いつ大きな地震が起こるかわかりません。大きな地震が来た時は、水や電気などが使用できなくなってしまいますよね。しかし、オール電化ならば、震災時に電気温水器のタンク内に溜まった水を生活用水として使用できます。また、電気の復旧はとても早いといわれているので、すぐに普通の生活に戻れるのも優れている点です。

IHクッキングヒーターを使える

オール電化の場合、ガスコンロではなくIHクッキングヒーターを使用できるのもメリットです。そもそもIHクッキングヒーターは磁力線で鍋を発熱させる構造なので、ガスコンロのように火を扱うことがありません。小さい子供がいても火傷になる心配がなく、安全性が高いです。その他にも、電磁誘導加熱のため、キッチンまわりが熱くなることがありません。したがって、夏場の暑い時期でもストレスなく料理ができますよ。

千歳の賃貸物件は間取りや築年数が同条件の場合、家賃は住宅の方が割高です。千歳は北海道の空の玄関口なので人の行き来が多く、貸家は木賃宿のように扱わます。定住期間が短い分、家賃が高くなるのです。

Back To Top