どんな物件がいい?家族構成と住みやすい間取り


家族構成で決める間取り

注文住宅は、部屋の間取りや広さ、住宅設備など自分好みの家を一から作ることのできる住宅です。自由度が高い分だけ予算が許す限り好きな住宅を実現することができます。

そんな注文住宅で家を作るときに注意したいのが、間取りになります。子供がいる世帯であれば、リビングやキッチン、夫婦のための部屋のほか、子供部屋があった方が子供の自立心を促すことができ、子供のストレスも減らせます。できれば多少狭くも良いため、子供の人数に合わせた部屋があることが好ましいとされています。子供の人数分用意できないと言う場合には、仕切りができるようにするなどできるだけ個人スペースが持てるような間取りにすることがオススメです。

2世帯、3世帯の過程である場合には、生活リズムや環境にあった間取りにします。

子供の成長に合わせて変化させる

小さい頃は親と一緒に寝ていた子供も、大きくなれば1人部屋を欲しがります。注文住宅で家を作る場合には、そんな子供の成長に配慮した家づくりをしていくことも大切です。

子供の成長や家族のライフステージを考えて間取りを考えていくことで、より良い住宅づくりができます。

子供に目が届きやすいと言うことを考えて、オープンキッチンにするなどがオススメです。小学生になったらコミュニケーションを取るためにも、食卓からテレビを見れないようにスクリーンをつけると言うケースもあります。

また、中学生になったら目が届きやすいように動線の途中に本棚を置くなどの工夫をすることで個人としての自立を促しながらも、コミュニケーションを取れるような空間を作れます。

愛知の注文住宅をお探しの方は、ネット検索してみましょう。あなたのニーズにあったハウスメーカーや工務店がみつかるはずです。

Back To Top