間取りは何で選ぶのがベスト?生活スタイルを考えよう!


賃貸の間取りは生活スタイルに合わせよう

賃貸住宅を選ぶときには間取りをいくつかの候補から選ぶことになるのが一般的です。一人暮らしならワンルーム、1K、1DK、1LDKあたりが候補になりますが、親二人、子二人の四人家族となると3LDKか4LDKを選ぶケースが多くなっています。この選び方のポイントは生活スタイルに合わせることで、寝室の数、リビングやダイニングなどの必要性をよく考えてみましょう。一人暮らしのときには寝室は一つあれば十分ですが、家族で暮らすとなると夫婦で一つの部屋にしたり、子供部屋を一緒にしたりすることも可能です。独立させると一人で過ごせる時間を作りやすいという魅力がある反面、コミュニケーションの機会が減るというデメリットもあります。家族の生活のあり方は家庭によってかなり違うので、新しい場所での生活スタイルを決めてから部屋を選びましょう。

部屋の広さと収納も計算に入れよう

部屋の広さや収納についても間取りを見ているときに気にかけておいた方が良いポイントです。リビングで家族全員が過ごすのなら人数に応じた広さを確保しなければなりません。逆に寝室で生活する時間が長いならそれぞれの寝室を広めにしてリビングは小さめにするという選び方もあります。また、収納が全体として少なめの場合にはタンスなどを置く必要が生じるでしょう。すると部屋が相対的に狭くなってしまうことは否めません。このように部屋の広さと収納の広さは同時に考えなければならない部分だということを、間取りを見て選ぶときに考慮しておきましょう。

釧路の賃貸住宅は賃料が安価な物件でも、比較的広いスペースのウォークインクローゼットを設けた物件が大半を占めています。ペア向け以上の間取りの物件では玄関の横に物入、階段の下に収納庫を設けた所もあります。

Back To Top