憧れのデザイナーズ住宅!知っておきたい真実


デザイナーズ住宅は高いのが当たり前?

こだわりのデザインで、他にはないマイホームが建てられるということから、デザイナーズ住宅を選択する人が増えています。一般的な建売住宅や注文住宅とは異なり、設計料やデザイン料が別途かかるデザイナーズ住宅は、コスト面で高くなると考える人は多いでしょう。確かに、建築家の設計料は総工費の10%ほどが相場で、3000万円の家を建てるのならば300万は設計料がかかるということになります。加えてデザイン料は別となれば、家にかかるコストが増してしまうのは当然のことなのです。

ところがデザイナーズ住宅が得意としているのは、土地をを安く購入できる狭小地でのデザインや豊富な資材・設備の提案です。住宅本来にかかるコストを下げることができれば、総工費を抑えることも可能ですよ。

欠陥住宅のリスクを軽減できる

一般的な工務店にマイホームを依頼すると、設計から施工までを一括で請け負うことになるため、打ち合わせ通りに工事が進んでいるのか施主にはわかりづらい面があります。デザイナーズ住宅は、設計デザインをする建築家と工事を行う施工業者が別になるため、建築家が「監理」の役割を担い、注文通りに工事が進んでいるかをプロの目でチェックしてくれるのです。構造体から塗り壁の雰囲気まで、細かくチェックしてもらえるということは、施主にとってはとても心強いことでしょう。

デザイナーズ住宅は本当にゼロからのスタートです。工期が長くかかってしまうというデメリットがありますが、一生モノのマイホームを後悔しない魅力は兼ね備えていると言えるのではないでしょうか。

3000万の家は、住宅の構造や内装のデザイン、日当たりなど細部まで怖ることができ、多くの戸建て住宅の購入希望者に人気があります。

Back To Top